東京で稼ぐタクシードライバーの転職ガイド

東京で稼ぐ!タクシードライバー転職指南

このサイトは、タクシードライバーに就職・転職を考えている人、就職・転職しようかどうか迷っている人、就職・転職を考えているけどタクシー業界についてもっと知りたい人のためのサイトです。

 

タクシードライバーと言えば、低賃金、長時間労働、事故、違反、タクシー強盗、成れの果ての仕事などマイナスイメージが先行しがちですが、実際の現場はどうなのか、現役タクシードライバーである私なりの考え方や思っていることを交えてまとめたサイトです。

 

コンテンツ一覧

タクシードライバーになるためには?

東京でタクシードライバーになるためには、普通二種免許の取得、タクシーセンターでの研修、地理試験の合格で初めて運転者証が発行されます。
普通二輪免許取得も地理試験合格も意外に難易度が高いです。

 

タクシードライバーの1日

仕事の一日の流れについて説明します。

 

タクシードライバーという仕事について

タクシードライバーは本当に稼げないのか?平均年収はいくらなのか?本当にブラックな仕事なのか?年老いてから始める仕事なのか?
タクシー業界、タクシードライバーという仕事について説明します。

 

タクシードライバーのメリットとデメリット

どの仕事にも共通して言えることですが、タクシーの仕事にもメリットとデメリットがあります。しかし、考え方によっては、メリットがデメリットになり、逆にデメリットがメリットになることもあります。
私なりの考え方で、メリット・デメリットについてまとめました。

 

タクシーは営業区域外では仕事ができない

あまり知られていることではありませんが、タクシーはどこでも営業してよいというわけではありません。タクシー会社の営業所の所在地によって営業できる範囲が決められています。
東京都を例にタクシーの営業区域について説明します。

 

タクシードライバーは稼げないのか?

タクシードライバーに転職する上で最も懸念するであろう収入についてまとめました。平均年収がいくらなのか、なぜ他産業よりも収入が低いのか、東京ではどれだけ稼げるのかについて説明します。

 

タクシードライバーに向く人・向かない人

他の仕事と比べて特殊性の高いと言えるタクシードライバーにも、向き・不向きがあります。特殊性が高いゆえに、転職の失敗を防ぎ、長くタクシードライバーをやっていくためには、自己分析をして適性を知る必要があります。

 

タクシードライバーになって良かったこと

私がタクシードライバーになって良かったと思うことは、自由な時間が増えた、自分のペースで仕事ができるようになったこと、自分が稼いだ営業収入に応じて給料に反映されることなどです。

 

タクシー営業時に注意すべきこと

メーター関連、タクシーチケット、お客様に確認すべきこと、乗車拒否などタクシー営業時に注意すべきことについてまとめました。

 
 

タクシー転職支援


ホーム RSS購読 サイトマップ