タクシードライバーという仕事について

タクシードライバーという仕事について

タクシードライバーという仕事について

タクシードライバーという仕事について説明します。

 

 

タクシードライバーは稼げないか?

 

「タクシードライバー稼げない」

 

これがが世間一般のイメージだと思います。

 

全国ハイヤー・タクシー連合会による「平成28年タクシー運転手の賃金・労働時間の現況」によれば、全産業労働者(男)の全国の平均年収は、549.4万円(女性は376.2万円)に対して、タクシードライバーの全国の平均年収は332.0万(男)(女性は278.1万円)実に200万円以上の差があります。

 

東京都のタクシードライバー(男)の平均年収は442.8万円それでも全産業労働者の平均年収には及びません。

 

しかし、それには訳があります。

 

タクシードライバーの平均年齢は58.9歳に対して、全産業労働者は43.0歳。「58.9歳」といえば一般企業では定年間近の年齢です。それだけタクシードライバーには年金受給者の割合が多く、実際70歳を超えているタクシードライバーも多数勤務しています。

 

年金を満額もらうためには、収入をわざと少なくする必要が出てきます。

 

それが、平均年収が全産業労働者の平均よりも少なくなっている理由の一つであると考えることができます。

 

また、タクシードライバーの給与は歩合制です。たとえ年齢が若くても「生活するためにこれだけの給料があれば十分」という考えであれば、あえて稼ぐ必要がありません。子供がいても巣立って社会人になれば、自分が生活する分だけ稼げばよいわけです。

 

タクシードライバーはサラリーマンではないので、自分のライフスタイルに合った稼ぎ方(=営業方法)を自分の裁量で行えばよいわけです。言い換えれば、必要な給料に合った営業をすればよいのです

 

さらに、法人のタクシードライバー(個人タクシーではなく会社に所属しているタクシードライバー)の年収の上限はだいたい800万円くらいと言われています。国税庁の平成27年度民間給与実態統計調査によれば、年収1千万円の給与所得者の割合は約4.3%になります。

 

全産業労働者の平均年収は、このような一部の高額所得者によってかさ上げされているのは事実です。

 

上記の事柄を考慮すると、タクシードライバーの平均年収(東京都に限定されますが)は、他の産業と比べても、それほど悪くはないと言えるのではないでしょうか

 

タクシードライバーに転職を考えているならば、絶対に東京のタクシー会社に転職することをおすすめします。

 

タクシー業界はブラックか?

 

「タクシードライバー」といえば、一般的なイメージとして、給料が安い、長時間労働、事故、違反など悪いイメージが先行しているのが現状でしょう。

 

事実、私がタクシードライバーの仕事を始める前は、同じようにあまり良くないイメージを抱いていました。

 

しかし、実際にタクシードライバーの仕事を始めてみると、どれも誤解であることが分かりました。

 

「給料が安い」

確かに、地方ではタクシードライバーとして高収入を得るのは難しいです。

 

しかし、東京に限って言えば、効率よく稼げば、世間並み以上に稼ぐことは難しいことではありません

 

「長時間労働」

タクシードライバーは本当に長時間労働なのか考えてみましょう。

 

タクシードライバーの場合、隔勤(隔日勤務)で、朝8時に出庫して明け方の4時頃に帰庫したとします。途中の休憩時間も含めて約20時間拘束なので、1日あたりに換算すれば、約10時間拘束。

 

会社員に例えると、朝8時に仕事を開始し、夕方6時に仕事を終えるのと同等の拘束時間になります。8時〜17時の仕事なら1時間残業をしたことになります。

 

しかし、現実的には残業が1時間で済む職場は少ないのではないでしょうか。残業2〜3時間なんて当たり前、終電まで、あるいは徹夜をすることもあるという職場もあると思います。

 

もう一度言うと、一般的な会社員に置き換えると、タクシーの仕事は1時間の残業で済んでいるというわけです。しかも、朝まで仕事したその日は一日休みです。

 

拘束時間だけで見れば、タクシードライバーは比較的負担の軽い仕事だとも言えると思います。

 

私自身、タクシードライバーになる前は会社員を20年以上やってきて、複数社の会社を経験してきましたが、一日の平均残業が1時間で収まる会社はありませんでした。ほとんどの企業にはそこそこの残業があるではないでしょうか。

 

タクシーの仕事は交代制だから上司の目を気にして無駄に残業する必要もありません。

 

このように考えると、「タクシードライバーは長時間労働である」という考えは早計であると言えるでしょう。

 

「事故」、「違反」

ほとんどのタクシードライバーは一組でも多くのお客様を乗せようと考えて仕事をしていると思います。

 

そのため、流し営業のとき、手が上がると急停止したり、急な車線変更をしたりするなど、通常よりも危険を伴う運転をする頻度が高くなります。当然、事故を引き起こす確率も高くなるのは否定できません。

 

また、交差点付近ではよく手が上がります。手が上がったからといって、黄色い車線をまたいで路肩に寄せてしまうと、進路変更禁止違反になってしまいます。

 

このように、タクシーは事故や違反のリスクが高いのは事実です。

 

しかし違反は交通ルールを守って入れば防ぐことができますし、事故のうち加害事故ならば運転に気をつけていれば大部分を防ぐことができるのではないかと思います。

 

タクシーは年老いてからやる仕事か?

 

平成28年度のタクシードライバーの平均年齢は、男性58.9歳、女性54.8歳。中には平均年齢が65歳を超える県もあります。東京(男)は55.2歳で若干若くなりますが、それでも他産業の会社と比べると、かなり高齢だと思います。

 

年齢だけを見ると、「タクシードライバーは高齢になってからやる仕事」と思いがちになるかもしれませんが、果たしてそうなのでしょうか?

 

私はそうは思いません。むしろ、30代〜40代の若い世代こそがタクシードライバーに向いていると思います。

 

その理由に体力の問題があります。

 

隔勤ならば1出番あたり20時間ほどの長時間労働なので、タクシードライバーは体力が要求されます

 

もちろん、高齢のドライバーでもバリバリ働いている方も数多くいますが、一般的には年齢は若い方が体力があるのは否めません。

 

長時間の運転を続けていると、どうしても集中力が落ちてきます。反射神経や判断力が鈍れば事故の危険性も高くなってしまいます

 

そのような理由から、体力があり、長時間労働に対する耐性が高い若い世代の人たちこそがタクシードライバーに適性があると考えることができると思います。

 

タクシー転職支援


ホーム RSS購読 サイトマップ