タクシードライバーになるためには?

タクシードライバーになるためには?

タクシードライバーになるためには?

タクシードライバーになるためには普通自動車ニ種免許を取得する必要があります。

 

では、どのようにして二種免許を取得するのか、費用や期間はどのくらいかけるのか、以下に説明します。

 

 

普通二種免許取得に必要な条件とは?

 

普通二種免許を取得するには以下の条件があります。

 

普通二種免許取得の条件

  • 年齢が満21歳以上であること。
  •  

  • 普通一種免許を取得してから運転経歴が3年以上経過していること。
  •  

  • 片方の視力がそれぞれ0.5以上あり、両眼で0.8以上あること。
  •  

  • 色彩識別能力、深視力、聴力が一定の基準をクリアしていること。

 

普通二種免許取得までの流れ

 

  1. 技能試験と学科試験に合格

    大半の内容が普通一種免許とかぶりますが、タクシーの営業で必要な知識を問う問題が加わります。

  2.  

  3. 講習を受講

    技能試験と学科試験合格後に、応急救護処置講習と旅客車講習を受講します。

  4.  

  5. 普通二種免許証を取得

    一種免許での基本的な運転に加えて、場内試験でのV字鋭角コース、路上試験での指定場所への停止・転回があります。

 

普通二種免許の学科試験

 

普通二種免許の学科試験は、普通一種免許に比べて問題数が多く、合格ラインや難易度も高くなっています

  • マークシート方式
  •  

  • 全95問(文章問題90問、イラスト問題5問)
  •  

  • 文章問題は1問1点、イラスト問題は1問2点
  •  

  • 100点満点中、90点以上で合格

 

普通二種免許の技能試験

 

学科試験と同様に、二種免許の技能試験は一種免許に比べて、高い技術が要求され、合格点も高く設定されています

 

二種免許で加わる技能試験の内容

  1. V字鋭角コース

    場内の試験コースで行い、V字の鋭角コースを右回り、または左回りで走行します。どっちになるかは試験までわからないので、両方できるように練習が必要です。

  2.  

  3. 指定場所された場所での停止

    路上試験で行い、お客様の乗降を想定して、試験官から電柱など目印になる場所で停止するように言われます。3箇所指定されます。

     

    横断歩道の前後5メートル以内の場所など、わざと停車禁止の場所を指定されることもあります。その場合は停車禁止区域を避けて停車します。例えば、横断歩道の前後5メートル以内の場所を指定されたら、目測で5メートルを超えた位置に停車します。

     

    停車禁止の場所に停車してしまうと、減点の対象になってしまいますので、停車できるエリアなのかどうかを見極める必要があります。

     

    停車できないエリアを超えて停車した場合は、その理由を聞かれることもありますので、正しく答えられるようにしましょう。

  4.  

  5. 回転(Uターン)

    路上試験で行い、試験官から回転するように指示されます。切り返しを繰り返しても減点の対象にはなりません。

     

    Uターンは実際の営業でもお客様から依頼されることが少なくないです。

タクシー転職支援


ホーム RSS購読 サイトマップ