「流し」の基本的テクニック

「流し」の基本的テクニック

「流し」の基本的テクニック

東京のタクシー営業では、「流し」が中心になります。

 

東京で稼ごうと思うならば、まずは流しの基本的テクニックを身につける必要があります。

 

流すエリアや通りを流すのはもちろん重要ですが、お客様がたくさんいるエリアや通りをただ流してるだけでは、なかなか思うようにはお客様を乗せることができません

 

ここでは「流し」の基本的テクニックについて説明します。

 

左車線を走行する

片側2車線以上の道路において、左車線を走行することは「流し」営業の最も基本的なテクニックです。

 

左車線を走行していれば、お客様の手が上がると車線を変更することなく停車することができます

 

左車線を走行しなければ、お客様の手が上がっても左車線を走行する他のタクシーにお客様を奪われてしまう可能性があります。

 

しかし、もつと大切なことは、無理な車線変更による事故を防ぐことができることです。

 

稼ぐためには、売り上げを上げることはもちろん重要なことですが、安全第一を最優先にすべきです。

 

ゆっくり走行する

お客様の手が上がったときに、急ブレーキを踏まずに止まれるよう、ゆっくりと走行します。

 

急ブレーキを踏まないことは事故防止につながることはもちろんのことですが、その他に大変重要な意味があります。

 

それは、スピードを落としてゆっくりと走行することで以下のメリットが生まれます。

 

視野が広くなる

視野が広くなると、周りの様子がよく見えるようになります
たとえば、歩道を歩く人たちや交差点で信号待ちをしている人たちの様子がよく見えるようになります。

 

タクシーに乗ろうとしている人の動きや視線までもがわかるのです。お客様だとわかれば、すぐに減速、停車してお客様を乗せることができます。

 

タイミングを合わせることができる

タクシーは急いで走行すれば、それだけ早くお客様を乗せられるということではありません。タクシーは、ほとんどの場合においてタイミングが重要になってきます

 

速く走行すると、お客様だと気付いても停車できずに、通り過ぎてしまう可能性があります。ゆっくりと走行していれば、すぐに車を止めることができます。

 

タメを作る

先述の通り、タクシーの流し営業ではタイミングを合わせることが重要です。

 

それだけに流し営業では、ゆっくりと走行することで意図的にタメを作ってお客様の手が上がる確率を少しでも上げていきます

 

空車のすぐ後ろを走行しない

空車タクシーのすぐ後ろを走行しても、先にお客様を奪われてしまうだけです。もし、目の前に空車タクシーが走行していれば以下のテクニックが有効です。

 

  • 交差点で空車タクシーとは別の方向に曲がる。
  • 路地を右左折して小回りし、空車タクシーとは距離を空ける。

 

ただし、注意しなければならないことは、やみくもに空車タクシーを避ければよいというわけではありません

 

むやみに空車タクシーを避けた結果、お客様がいないようなところばかりを走行してしまい、全然お客様を乗せられなくなってしまうという本末転倒な事態が起きてしまいかねません。

 

複数のお客様の手が上がるのを期待できる通りや交差点では、たとえ目の前が空車タクシーであったとしても、進路を変えずにそのまま走行することもあります。

 

「空車のすぐ後ろを走行しない」は、絶対ではなく、ケースバイケースで使い分ける必要があります。

 

タクシー転職支援


ホーム RSS購読 サイトマップ