タクシーは営業区域外では仕事ができない

タクシーは営業区域外では仕事ができない

タクシーは営業区域外では仕事ができない

タクシーはどこでも営業してよいというわけではありません。
タクシー会社の営業所の所在地によって営業できる範囲が決められています。

 

 

東京の営業区域は5つに分かれている

 

東京都の場合、タクシーの営業区域は以下の5つに分けられています。

 

「特別区・武三交通圏」
東京23区、武蔵野市、三鷹市

 

「北多摩交通圏」
立川市、府中市、国立市、調布市、狛江市、小金井市、国分寺市、小平市、西東京市、昭島市、東大和市、武蔵村山市、東村山市、清瀬市、東久留米市

 

「南多摩交通圏」
八王子市、日野市、多摩市、稲城市、町田市

 

「西多摩交通圏」
青梅市、福生市、あきる野市、羽村市、瑞穂町、日の出町、奥多摩町、檜原村

 

「島嶼(とうしょ)区域」
伊豆諸島、小笠原諸島

 

乗車地点か降車地点が営業区域内に入っていればよい

 

お客様の乗車地点と降車地点が共に営業区域外のとき、お客様を乗せることができません。

 

たとえば、自分が所属するタクシー営業所が八王子市にある場合、お客様を新宿で乗せ、武蔵野市で降ろすことはできません。乗車地点も降車地点も営業区域外だからです。

 

ただし、乗車地点と降車地点のいずれかが営業区域内に入っていれば問題ありません。

 

たとえば、上の例の場合なら、八王子でお客様を乗せて、新宿で降ろすのは問題ありません。また、新宿で乗せて、八王子で降ろすのも問題ありません。
乗車地点と降車地点のいずれかが営業区域内に入っているからです。

 

お客様を営業区域外で乗せ、営業区域を通り、営業区域外で降ろすこともできません。

 

たとえば、埼玉県内でお客様を乗せ、東京都内を通り、神奈川県内で降ろすのは違反になります。
乗車地点と降車地点の両方が営業区域外だからです。

 

営業区域外での営業は厳しい罰則がある

 

営業区域外での営業禁止は「旅客自動車運送事業運輸規則」や「道路運送法」などで定められています。

 

営業区域外で営業した場合、以下の罰則が課せられます。

  • 乗務員者証の停止

    違反したタクシードライバーに対して科せられる罰則で、1ヶ月間乗務できなくなります。

  •  

  • 営業車両の停止

    タクシー会社に対して科せられる罰則です。営業車両1台を90日間停止させられます。

 

営業区域外での営業がどうやってわかるのか?

 

営業終了後に会社に提出する日報で分かってしまいます。

 

一昔前では、お客様を乗せた場所、降ろした場所、料金などをタクシー乗務員が手書きで日報を書いていました。

 

しかし、現在ではメーターの「実車」ボタンを押した場所(=お客様を乗せた場所)と「空車」ボタンを押した場所(=お客様を降ろした場所)をGPSによって自動でデータに書き込まれ、日報として出力されますので、故意にごまかすことはできません。

タクシー転職支援


ホーム RSS購読 サイトマップ